いまべっぷ動物病院HP


フードについて



イヌ用、ネコ用フードについて
 ”最大の健康法”は「食事(フード)」だと考えています。当診療所は総合栄養食として、肉量が多く含まれるカナダのACANAを推奨しています。
 推奨する理由は、以下の通り。
  • イヌ、ネコは肉食動物のため、タンパク量が重要となります。その一方で、植物性物質、炭水化物の消化が苦手です。
  • 肉量が多いフードはカルニチンが多く、体脂肪の燃焼が高まります。給餌量をしっかり守ることで適切な体重維持が期待されます。
  • 肉量が多い食事は尿が弱酸性になり、尿結石の原因となる結晶が出にくくなります。
  • オメガ脂肪酸が含まれているので、免疫機能の活性化が期待される。
  • パッケージがしっかりしている。

 販売価格は340gが1,100円からで、パッケージ量が多くなると1kgあたりの価格が抑えられます。肉量が多いことから、一日量は他のフードより少なくてすみます。
 興味深いことに、フードをアカナのフリーランダックに変更し、涙ヤケが改善されたとの報告があるようです(アカナファミリージャパン提供)。
 涙ヤケが気になる仔、アレルギー体質の仔は体質の改善が期待されますので、御一考頂くのは如何でしょうか?

『アカナ フリーランダックに変更後の涙ヤケ改善』
     提供:アカナファミリージャパン


 ACANAのフードは総合栄養食です。当診療所で購入できますし、西千石町にある浜田ペットさんは10年以上取り扱われています。また、イオンモール鹿児島のイオンペットさん、イオンタウン姶良のペテモさんで取り扱われています。AMAZONなどのネット通販では定価以下で購入できます。